2005年08月21日

KAIN SIDE 前編〜出会い そして・・・・

の:こめさん、こちらがカインさんが主役VERの台本です(@@)

こ:どうもです^^さて、今度はカインさんが主役の外伝のナレーターしないと・・・

・・・・ナレーターに張り切るこめであった・・・そこに・・・・

ビ:こめさん、それは僕がやります+(-|SHY|

こ:え?

ビ:くらえ〜シャイな忍び特製麻酔針〜

こ:(−−)zzz

・・・何とビンにこめは眠らされた・・・・よって・・・

ビ:(ここまではカットでといっている)・・・こんばんは〜ビンです^^カインさん主役VERの外伝では僕、ビンが担当します(@@)よろしくです(爆破)では、スタート〜

・・・・時間軸は第十七話の終わった直後です。気を失っていたカインさんが皆が気がついたあとに目を覚ますと・・・・

カ:う〜ん(++)・・・・煤i ̄口 ̄:

夕:カイン様、大丈夫ですか?(うるうるした瞳で

・・・・何とまあ、おきさきさまがカインさんを看病しているではないですか!!おかげで目はさめたものの・・・・

カ:ぽけーーーー(@@)大丈夫れすよ〜(@@)

も:カインちゃん、ろれつが回ってないよ(−−)

フ:相変わらずですね(−−)姫に介抱されたら気持ち悪くて目が覚め・・・・ひぃ〜(**)

も:(フリークをハンマーでどついたあと・・・)きっと美しさで目が・・・覚めないかなあ(TT)

・・・・相変わらずの漫談コンビはさておき、カインさんは・・・・

夕:(おでこを近づけて)熱があるみたいですね・・・・大丈夫ですか?

カ:ふあぃ〜(@@)(ばたり)

・・・・なんとそのまま倒れちゃいましたよ(−−;)そして、この物語はカインさんの気絶してる間に夢に出てきた回想が中心となってます☆
・・・・まずは僕との出会いからいきますか(@@)「WING城」先代の「サエ・グサ」王の治める時代・・・・僕はシャイなシーフとして城の中に忍び込んでましたら・・・・・

ビ:ふう(−−)この城にクリスタルがあるって聞いたけど・・・・・

カ:シーフさん;^^そんな大声で言ってたらだめですよ;^^

ビ:はっ煤i ̄口 ̄:・・・な、なんでしょう・・・・(−−:)))僕はビンというただの通りすがりのシャイなやつですが+(-|shy|(爆破

カ:(本当かなあ・・・・)僕はカインという竜騎士です。まあ、まだ何もとってないようですが怪しいので城からは退去してもらいますね;^^このあたりは城の住民も立ち入らない場所ですし・・・・

・・・・・カインさんに疑われ、クリスタルを手に入れ損ねた僕はカインさんによって何回も城の外につまみ出されてました(**:))そして・・・・

カ:ビンさん;^^またですか(;−−仕方ないですね・・・・「ジャンプ」を使いますか・・・

・・・・そんなことを繰り返してたある日ついに僕はあの「ジャンプ」を体験するはめに・・・(TT)

カ:ビンさん、僕につかまってくださいね^^

ビ:?はあ・・・・(なんだろう)

カ:では・・・いきます・・・「ジャンプ」!!

ビ:ひぃ〜(**)

・・・・カインさんが僕ごと空高く舞い上がり・・・・・正直気絶してたので覚えてません(TT)「ジャンプ」におそれ・・・もとい、この城の警備は厳しいと判断し、別の場所のお宝を探すのでした・・・・・・そんなこんなでカインさんは城の安全を守ってる日々でした・・・・ある日カインさんが砂漠をパトロールしていると・・・・

の:暑い(― ̄―メ)ここはどこだぁぁぁ煤iT口T;

かぼちゃ:うきー(◎◎)(知らない)

の:いくらバナナがほしいからっておさるさんになってもあげません(−−)

かぼちゃ:うきー(◎◎)(ううう(TT))

の:(スルーしよ)さてと、「WING城」はどこかなあ・・・・

・・・・なんとのたりさんとかぼちゃさんが砂漠で迷子になってる光景を目撃したのでした;^^なのでカインさんが降り立ってみると・・・・

カ:すいません、僕はカインといいます。もしかして「WING城」にいきたいのですか?

の:はい(TT)私は「日暮のたり」と申すものなのですが・・・・・

カ:あなたが噂の^^王に逢いたいのですか?それともクリスタルのありかを・・・

の:両方です(@@)あとは今回の迷子で乗り物がほしいのでこの城で一番のマシ-ナリ-さんを紹介してもらえませんか?

カ:わかりました^^ちなみに一番のマシ-ナリ-はokkarですね^^それでは城まで案内します。

の:ありがとうございますm(_ _)m

かぼちゃ:うきー(◎◎)(ありがとうございます)

カ:なぜ、さっきからおさるになってるのですか(・・;

の:バナナにはまってるのでおさるになってるんですよ(― ̄―メ)まあ、気にしない気にしない(-_-メ)

・・・・・世の中は広いですね・・・・さて、城の前につきましたら・・・・・何とトマトのにおいがしています・・・・

の:トマトの香りがしますね(@@)

カ:ですね;^^今トマト料理がブームなんで。

の:トマトが大嫌いなかぼちゃさんは連れて入れそうにないですね(TT)

カ:・・・・仕方ないですね;^^水とか持ってきますのでしばらくまっててもらえませんか?

の:いいですよ^^・・・煤i ̄口 ̄;

カ:どうかしましたか?

の:クリスタルのありかがはっきりとわかりました・・・・王様の部屋にある隠し扉の中です・・・

カ:わかりました^^

の:ありがとうございます^^じゃあ、私はマシ-ナリ-さん探してきますね(・・)/

・・・・・というわけでカインさんはかぼちゃさんに水をあげたりしてた後に城をパトロールしていると・・・・・真っ青になったokkarさんがカインさんのもとにやってきました・・・・

カ:okkarどうしたんですか?

O:王が・・・・王が・・・・・倒れられた・・・

カ:!!

・・・・・こうしてカインさんは王様が倒れられたことを知り王のもとへかけつけるのでした・・・・次回「竜騎士と素質」
posted by のたり at 20:36| Comment(0) | 外伝〜双子のコイン〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。