2005年08月01日

OKKAR SIDE 後編〜弟と姫の真意〜

ナレーターのこめです^^ついにコインが投げられましたね☆果たして・・・・

O:・・・・表が出ました・・・よってkain、君の勝ちです。「クリスタル」の力かこの城の王かどちらか好きな方を選んでください^^

夕:okkar様・・・・・okkar様の希望はないのですか?

O:(なきそうになってる顔もかわいらしい・・・)ないといえばうそになります。ですが、王の望みの通り勝負した結果ですから僕は大丈夫ですよ^^

夕:okkar様・・・・・

O:kainはどうしますか?

カ:・・・・その前にこの勝負は無効でしょう^^

夕:え?

O:・・・やはりばれましたか・・・・

カ:このコインは「両方とも表」だから「双子のコイン」なんですよ^^つまりokkarは最初から僕に勝たせるために僕に「表」って選ばせたんですね^^

夕:じゃあ、このコインを使った勝負は・・・・

カ:おそらく、王は「自分を犠牲にしてでも他人の望みを叶える方」に継いでほしいのだと思います。勝負そのものというよりもその時にどういう反応をするかということでしょう・・・・

O:・・・さすが・・・・じゃあ、kainの望みはないのか?

カ:ありますよ^^okkar、君が王になることですよ^^そして「ユウ・カ」様を妻として迎えることです。僕はクリスタルの力を手に入れてこの城を守りますから。

O:kain・・・・君は本当にそう思っているのか?

夕:・・・kain様・・・・

カ:okkar、君はもともと政治に興味があったし、冷静な判断力は君主にこそふさわしい。

O:冷静なのはそっちも同じのはず・・・・なぜ・・・

カ:実は・・・・この槍を見てください^^

夕&O:これは!!

カ:そう、クリスタルが先ほど光ったのはクリスタルが僕を選んだのです^^つまり、この時点で僕は王位継承権をなくしたも当然だったのですから・・・本来政治とは関係のないところで君主に仕える方が僕の症にあってますから・・・・

O:なるほど・・・そうなると僕が王になるしかないのだろうけど・・・僕は本当に王にふさわしいのか・・・それに「ユウ・カ」様を妻に迎えるということは・・・・

カ:okkar、冷静なのが君の長所でもあるけど、自分の気持ちまで押し殺すのはどうかと思うよ(¬¬)隣で見てきて二人が相思相愛だってのはわかってるから。

O:(真っ赤になりながら)あ・・・・

夕:・・・・・ぽっ(*^−^*)

カ:今いわないときっと君は気持ち伝えられないだろうから・・・・じゃあ、お邪魔虫は姿消すから後はご両人でごゆっくり・・・・

・・・・そういってkainさんはその場を去っていったそうです・・・・兄を思う気持ちにちょっとジーンと来ました(TT)・・・・それはokkarさんも同じだったようで・・・・

O:ユ・・・・「ユウ・カ」様、僕は王になりました・・・・

夕:おめでとうございます(/▽\)okkar様ならきっといい君主になれます・・・・

O:そこで王としての初仕事を言いたいのです・・・それは統治者として最高のパートナーを手に入れること・・・・「ユウ・カ」様、僕の生涯の伴侶として僕を支えてくれませんか?僕はあなたを一生守り続けます。あなたを想う気持ちは誰にも負けません・・・・・

夕:(もじもじしながら)・・・はい、喜んで・・・・

・・・・こうしてokkar王が誕生し、「ユウ・カ」様と晴れて結婚したそうです・・・・・kainさんがかなり気の毒ですけど、最初から「ユウ・カ」様がokkar王の方向いてましたら仕方ないですよね;^^これからも報われぬ恋でしょうが、いつの日かいい人に出会えますように・・・・とここで私こめのナレーターは終わります☆みなさんありがとうございましたm(_ _)m
それでは時間軸を第八話に戻しますね〜☆

こ:なるほど^^そうだったんですね☆

O:はい;^^ちなみに後日談なんですが・・・

こ:はい?

O:あの「双子のコイン」なんですがどうなったと思います?

こ:どこいったんですか?

O:「彼女」の依頼で作っていた飛空挺と一緒に弟さんにあげました;^^

こ:そんな思い出の品物を煤i ̄口 ̄;

O:・・・すいません;^^何せポーカーに2敗しまして、一つ目は飛空艇、二つ目は「ユウ・カ」かそっちのコインか選べって言われたモンですから・・・・あははは;^^

こ:・・・・・・何かきれいな話にオチつきましたね(−−)

・・・・・・「双子のコイン〜OKKAR SIDE」 THE END
posted by のたり at 00:15| Comment(0) | 外伝〜双子のコイン〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。