2005年07月31日

OKKAR SIDE 前編〜王様の条件〜

時間軸は第八話の最初・・・・

こめは自分の特技を探すために、okkar王に相談していた・・・・

こ:okkar王、いろいろ忙しい中相談にのっていただいてありがとうございますm(_ _)m

O:いえいえ;^^自分の特性ってものはわからないですからね。

こ:okkar王は冷静ですし、マシ−ナリ−としてもすごい腕前ですから、自身の特性をわかってらっしゃたのですね☆

O:そうでもありませんよ。僕だって迷いながら今の立場にいますから・・・・

こ:といいますと?

O:実はですね・・・・

・・・・とここからokkarさんによる回想が始まるのでした・・・ナレーターは本編主役のこめです☆

・・・・okkar王、とkainさん、そして、「ユウ・カ」様は幼馴染として「WING城」で育ちました。先代の王は実は「ユウ・カ」様のお父上で二人は王族ではないのです。okkar王は婿養子なんですよ。びっくりしたかもしれませんが、考えてみれば王の双子の弟がいくら恋愛感情を抱いているとはいえども「君主を守る」って発言は変ですからね;−−・・・・舞台はまだ数年前、まだ先代の「サエ・グサ」王がご存命であったころ・・・・一介のマシ−ナリ−としてokkarさんは仕事に精をだしてました。

の:すいませ〜ん(−_−メ)この城で一番のマシ−ナリ−さんですか?

O:一番かはともかくそうですよ^^何かご依頼ですか?

の:この城に相棒と来る途中で迷いまして、えらいめにあったので砂漠を乗り切るための乗り物を作ってほしいのです。

O:そうですか^^いいですよ^^ところでその相棒さんは?

の:ありがとうございます(・○・)今城の前で待ってます(−_−メ)

O:そうなんですか;^^

の:はい^^ところで王様は元気ですか?

O:はい^^お元気ですよ^^・・・・ってもしかしてあなたは・・・・

の:まあ、そういうわけです(−_−メ)弟も世話になってるようで☆ありがとうございます^^

O:いえいえ^^お噂はかねがね・・・・・ところでどうしてあなたがこの城に?

の:実は・・・・・この近辺にクリスタルがあるのですがそれが帝国に狙われてるようです。

O:え?本当ですか?

の:はい(― ̄―メ)私は世界にちらばるクリスタルのありかがわかるので後者はまだ確定がありませんが前者は間違いないです。なので王様に会いたいなあと。

O:わかりました!!依頼のものは必ず仕上げて渡しますので王様のところへ・・・

・・・・とその時、「ユウ・カ」姫が二人のもとにやってきました・・・・

夕:okkar様・・・・・

・・・・彼女は今にも泣きそうな顔でした・・・・okkarさんも当然どきどきしたそうです。

O:な、何があったのですか?

の:もしや、王様になにかが煤i ̄口 ̄;

夕:父上が・・・・先ほど帝国の使者とお会いしてから具合が悪くなり倒れられたのです・・・・

の・O:え?

の:急ぎましょう!!

・・・そして、3人は王のもとへ行きました・・・王は今朝まではお元気にしていたとは思えないくらい昏睡した状態でした・・・・

三:・ユウ・・okkarに・・・これはこれは・・・・

の:ごぶさたしてますm(_ _)mそれよりどういうことなのでしょう?

三:お元気そうで・・・・ごほっ

の:吐血している!!・・・・okkarさん、依頼のものは弟が来たら彼とポーカーでもして彼が勝ったら彼にあげてください。私は相棒を連れて至急行かなければならないところができました!!すいません!!

O:もしかして、帝国の使者を追うつもりで?

の:そうです・・・・帝国にいくのはもう少し先の予定でしたが・・・・・なんとしてでも犠牲者を食い止めないと・・・・

O:わかりました・・・幸運を祈ります。

の:あなたは冷静ですね(@@)きっといい王様になれますよ。ではでは(・・)/

・・・・・そういって彼女は去っていったそうです・・・・okkarさんが風の噂で聞いたところによると彼女は現在帝国に身柄を拘束されたとのこと・・・・

夕:お父様・・・・・(TT)

三:okkar・・・kainを呼んでくれないか、そして「ユウ・カ」お前たち3人に話がある・・・・

O:わかりました!!

・・・・okkarさんはkainさんを呼びに行き、戻ってきました・・・・

カ:王!大丈夫ですか?

三:・・・kain・・・私はもう長くない・・・・だからお前たち三人に伝えたいことがある・・・

夕:お父様・・・しっかり(><)

O:王!!あなたがいなければこの城は・・・・・

三:・・・・今から私が話すことが遺言になるだろう・・・・・今から聞いてほしい・・・・まず、私が死んでもクリスタルの力を持つものが集うまでは帝国と表向きの同盟を続けること・・・クリスタルを帝国の手から守ること・

カ:王!!気を確かに!!

三:・・・・次にお前たちのうち誰が私の後継者になるかは・・・・「王様の条件」にふさわしいものになってほしい・・・お前たち3人いれば民も安心だろう・・・頼んだぞ・・・・

夕:いやぁぁぁぁ(><)

O&カ:王!!

・・・・・こうして、王は静かに息を引き取りました・・・・・そして、後継者として王に指名された3人・・・・okkarさんは「王様の条件」が何なのかわからないままでした。確かに政治には興味はありましたが王になろうとかは思いませんでしたし、「ユウ・カ」様に想いを寄せてはいました・・・もし、自分が王になるのならば彼女を・・・・そう考えると彼の思考回路はいつもの冷静さを取り戻せそうにありませんでした・・・・・

・・・次回「OKKAR SIDE 中編〜力を与えて〜」
posted by のたり at 20:04| Comment(0) | 外伝〜双子のコイン〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。