2005年07月21日

その2〜揺れ動く心〜

凛の頼みで一緒にのたりに会いにいくことにした唯月は・・・・

・・・・唯月と凛がのたりのいる船に到着すると・・・・・

の:凛さん、唯月さん、どうもです(−_−メ)ごぶさたしてます(−_−メ)

凛:のたりさん、お久しぶりです^^

唯:・・・こんにちは・・・・凛候補生があなたに話があるそうです。

の:ほほう(@@)なんでしょうか?

凛:のたりさん、どうしてこの船の上にいることを決めたのか教えてくださいませんか?

唯:(眉をひそめながら)凛候補生、言動を考えなさい。でないと速攻でこの場から立ち去ってもらいます。

の:まあまあ(−−)wでは、・・・・・

・・・・そういってのたりは「かぼちゃと雪だるま」の話をしていた・・・・・

凛:ありがとうございました^^これで失礼しますね^^お元気で^^

唯:失礼します・・・・

の:ではでは(・・)/

・・・・・それからまもなく凛は帝国の意思に逆らったため、彼女は操りの輪をはめられた・・・・唯月にはなぜ彼女が自らの危険を冒してまで帝国に立ち向かおうとしたのか、どうしてもわからなかった・・・・まもなく、唯月は「ドジ城」の領地にあるクリスタルの力を手に入れるための任務を言い渡される・・・・その前に彼女はのたりに会うことにした。のたりの言動がどうしてもひっかかっていたからだ・・・・

の:どうも〜(−_−メ)お元気ですか?

唯:私はかぼちゃさんの見張り役を解かれましたので報告に来ました。

の:そうですか(TT)後任はどなたで?

唯:それはわかりませんが・・・・・それよりあなたはどうして今の立場を選ばれたのですか?

の:難しい質問ですね(― ̄―メ)まあ、悩んだ結果とだけ言っておきます。・・・それより凛さんに出会うことがあったら伝言を頼みたいのですがいいですか?

唯:・・・・会うかどうか・・・第一彼女は・・・・

の:いつか出会うと思います。なのでお願いできますか?

唯:・・・・わかりました・・・・・

の:「凛さんへ:
     チョコバナナを一緒に食べに行きましょう(−_−メ)」
よろしくです(@@)

唯:その意味は・・・・・

の:文面の通りですよ(−−)wあなたがどう解釈するか、あなたの自由です。あなたがこの意味を理解するとき再び会えると思います。

唯:(怪訝そうになりながら)わかりました・・・それではお元気で。

・・・・・唯月はのたりの凛に対する伝言の意味を考えながらどうしてこの二人は帝国に逆らってまでも自分の信念みたいなものをもって貫こうとしているのか、彼女には理解できていなかった・・・だが、心のどこかで「自分はただ漠然と帝国に従い、生きている。このままでいいのだろうか・・・」という思いが彼女の心を支配するようになっていった・・・・そして、「ドジ城」の領土にあるクリスタルの力を手に入れるべく彼女は旅立った・・・・・

次回「相棒と君主を守る侍」
posted by のたり at 22:04| Comment(0) | 外伝〜ざんてつけんの意思〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。