2005年06月29日

第十話:もてたいのだよ僕は

こめたちがクリスタルの元へと急ぐころ・・・・






「シャイレスト山」を登る一人の少年がいた・・・・

孫:やめたいよ〜逃げたいよ〜暑くてたまらない〜今だけは生きてることを〜ってこんな替え歌しても「フク=ヤマ」になれるわけじゃないしなあ(><)なんで私は「シャイなお笑い」のクリスタルを取りにいくことにしたんだが(−−)ぶつぶつ・・・

・・・・その少年こそ、クリスタルを取りに行った「孫」こと「雑賀孫市」である。すっかり愚痴モードになりながら先へ進んでいると、彼は一人の女性を発見した・・・・

孫:もしもし〜剣士さんですか〜?私は孫市と申します。

唯:そんなところですね♪唯月と申します^^

孫:おお^^腕は立ちますか?もし腕が立つのであれば私のボディガードになってください(爆破)

唯;まあ、いいですけど;^^

孫:よかった〜(><)ここのモンスター強くて私だけじゃあ勝てないんですよ(TT)

唯:見たところモンクさんですね〜ここのモンスターは結構レベル高いですからね。どうしてこの山に登ってきたんですか?

孫:まあ、「シャイなお笑い」のクリスタルの力を手に入れるため・・・というか強くなりたいのです!!

唯:なるほど・・・・どうして強くなりたいんですか?

孫:私はとにかく強くなりたい!!強くなりたいのです!!そしてもてたい!!(爆破

唯:(純粋だけど不純などうきじゃない・・・)どうしてもてたいのですか?

孫:この18年間生きてきて「春」というものを味わったことがありません(><)もてない自分を自虐し、他人の幸せををうらやむ・・・そんな自分に嫌気がさしました。「シャイなお笑い」の力を手に入れて強くなり、世界を救うヒーローになればモテるようになるかと(TT)

唯:(すごいエネルギーね・・・・)なるほど〜ですが、「シャイなお笑い」の力を手に入れたものは何かを引き換えにしなければなりません。それでもいいのですか?

孫:煤i ̄口 ̄;・・・・やめようかなあという気持ちになります。しかし、モテない、さえない、歴史&格闘バカの自分になくすほどのものはないですから!!私は私の信念を貫きます!!

唯:わかりました^^じゃあ、クリスタルを一緒に探しましょう(^^)

孫:ありがとうございますm(_ _)m

・・・唯月が帝国の幹部だと知らずに一緒に行動することにした孫市・・・・唯月の実力を見せきらないさりげないアシストのおかげでモンスターを次々と撃破し、二人はクリスタルを発見した・・・

孫:これがクリスタルですか〜(@@)売ってもすごい値段になりそうですね(@@)

唯:ですね;^^(改まった口調で)ところで孫市さん、先ほど述べた決意に変わりはないんですか?

孫:はい!!変わりはないです!!

唯:本当に変わりはないですか?

孫:もちろん!!モテモテの道を貫くのであれば!!多少の犠牲はつきものです。

唯:(大きく息を吸い込んで)わかりました・・・ならためさせてください・・・あなたがクリスタルを持つにふさわしい人かを・・・・

孫:え?

唯:いきます・・・・「ポイズン」

・・・唯月の剣が光り輝いた・・・そして孫市めがけて振り落とされる!!

孫:ひぃ〜((**)))何するんですか((**))


唯:うまくよけましたね・・・・これは毒の魔法剣です・・・一撃でもあたれば体中にどくがまわります。今から1時間この剣をよけれたらあなたをクリスタルを持つにふさわしい人間だと認めましょう・・・・

孫:・・・煤i ̄口 ̄:あなたはいったい何者なんですか?

唯:私は「魔法剣士」の「唯月」です。・・・・また帝国の幹部でもありシャイなお笑いの力の持ち主でもあります・・・

孫:うわぁぁぁぁ煤i ̄口 ̄;待ってください!!(剣をよけながら)ぎゃ〜(**)

唯:問答無用!!いきますよ!!もてたいのであればこの場を乗り切ってください・・・・

孫:・・・・もてたいけど命は惜しいよぉぉぉ煤i ̄口 ̄;

・・・戸惑う孫市めがけて唯月は剣をふりかざす!!果たして孫市はよけきれるのか?そして、孫市を追いかけて「シャイレスト山」に向かったいこめたちは?次回「必殺技のコマンドはどうだったかな?」・・・その前に楽屋裏&NG集やるのでよろしく。
posted by のたり at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シャイナルファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4707836

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。