2005年06月27日

第六話:カインの悲しい片想い

竜騎士カインによってokkar王が治める「WING城」へやってきたこめたち・・・・・
・・・・こめたちはカインがokkar王に事情を話している間、客室の間で待たされていた。「WING城」は砂漠のオアシスの中心にそびえたつ城である。よって当然のごとく・・・・

こ:暑いですね(**;)

ビ:そんなスーツ着てるからですよ(@@)

こ:だめ〜倒れそう・・・・(モーグリは暑さが苦手なのに・・・)

・・・やはりモーグリスーツを着たままのこめは暑さにやられていた。・・・・






凛:私も暑さは苦手です(−−;)どうも暑さには免疫なくて・・・・

ビ:二人ともだらしないですね(@@)僕はなんせこの城の近辺で育ったので平気ですよ( ̄^ ̄)

こ・凛:そうなの(・・?)

ビ:正確にはこの砂漠の向こうの街ですけどね〜何回かこの城にもきたことあるので平気ですよ。

凛:だからカインさんやこの城のことしってるのね。

・・・・とそのとき、彼らの会話に割り込んできた人物がいた・・・・

O:以前からこの城で忍び込んではカインに村まで送ってもらってましたからね;^^

こ:どこが「シャイなシーフ」だか(−−;)あれ?あなたはカインさん?

ビ:okkar王ですね(@@)そっくりなんで見分けがつきませんが王冠かぶってるのでそうでしょう。

O:はじめまして、カインが世話になったようで。僕はこの城の王であり、マシ―ナリ―(機械いじりの専門家)であり、カインの双子の兄のokkarです。みなさまよろしくお願いしますm(_ _)m

こ:私は・・・・も・・・風水師のこめです。

凛:黒魔道士の凛です。

ビ:あたらめましてです^^ビンです。あれ?今日おきさきさんは?

O:僕の後ろにいますよ(^^)「ユウ・カ」、客人に挨拶を。

夕:はじめましてm(_ _)m私はokkarの妻の「ユウ・カ」です。

こ・凛:美人〜(・○・)こちらこそよろしくお願いしますm(_ _)m(同姓からみてもかわいいわ〜完全にまけたわ)

・・・とokkarの妻「ユウ・カ」はクレオパトラ以上に美しい(カイン談)女性であった。・・・

凛:(こめとビンに耳打ちして)もしかしてカインさんの飛竜の名前って・・・・

ビ:(同じく小声で)そうなんですよ(−−;)「ユウ・カ」さんはこの国で一番の美女で、気立てがよく、適度に天然だという世の男性の心を奪うような人ですから。カインさんも例外ではないんですが、okkar王と結婚してしまいましたからね。しかもお膳立てしたのがカインさんですよ。

こ:(同じく小声で)気の毒だわ(TT)兄の祝福と自分の恋心が相反するなんて・・・・

ビ:まあ、カインさんは「耐え忍ぶ自分」が好きな人ですからいいでしょう。

凛:そういう問題かしら・・・・(ここから普通のトーンで)あれ?okkar王、カインさんは?

O:カインは今客人の相手をしてもらってます。

こ:といいますと?

O:帝国の軍人です。

こ:え?大丈夫なんですか?

O:大丈夫ですよ^^帝国と我が城は同盟結んでますし、悪い人ではないですからみなさんが見つからない限りは何も起こりませんよ。

こ:帝国にいる人すべてが悪いやつでは?

O:そうとは限りません。ちょっとうっかりーな人で憎めませんよ。

凛:「うっかりー」って(−−;)あの帝国軍警察将校きてるのかあ・・・・あれはかなりのレベルですよ。正直あそこまでうっかりーでよく帝国軍の幹部になれてるのが不思議(爆破

こ:そんなにうっかりーなんですか?

凛:ええ;^^見たら納得しますよ。それで何でまたあのうっかりーさんが来てるんですか?

夕:それは私がお応えします(^−^)

こ・凛:(笑顔が素敵で同姓ながらくらっとくるわ・・・・カインさんの気持ちわかるかも)

夕:まず第一に彼の追っている人物にokkar様が飛空艇を差し上げたのでその人物の手がかりを追って。

ビ:じゃあ、僕らとは関係がないのでは(・・?)僕や風水師さんは面識ないですから。

夕:第二が問題がなのです。彼はあなたがたが炭鉱で対峙していた兵士たち・・・・彼の部下なのです。

こ・凛・ビ:煤i ̄口 ̄;

夕:彼らの安否がクリスタルを探している最中に行方がわからなくなり、カイン様が炭鉱に向かうところを見たと誰かが密告したらしく、今事情を聞かれています・・・・カイン様大丈夫かしら・・・・

凛:心配なんですか?

夕:ええ;^^弟の心配をするのは義姉としては当たり前ですし、それに幼馴染としても・・・・

こ:そうですか・・・・・ところでその将軍の名前は?

O:はい、俗称「うっかりー」こと「かりー将軍」本名「カリ―ガメッシュ」です。

こ:(爆笑)だめ〜(><)笑いが止まらない〜(><)「かりー」「が」「メッシュ」ってどんな感じなんだろう(爆笑)

凛:こめさん、受けすぎですよ(;^^

ビ:といいつつ笑ってますよね(@@)

O:(笑いをこらえつつ)名前でうけがとれるのは彼くらいかと・・・

夕:ふふっ(^−^)

5人:(笑)

・・・・・帝国の「カリ―ガメッシュ」将軍がWING城にこめたちの手ががりを追ってきている!!危機がすぐそこまでせまっている!!なのに名前で笑いがとまらない一同だった・・・・・次回「うっかりーは銭形さん!?」
posted by のたり at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | シャイナルファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4674799

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。