2006年05月22日

第四十六話:ブラック・ドラゴン

・・・果たして彼女たちは・・・・・生き延びられるのか・・・・


・・・・ゴルベーザの登場に一同は息を呑んでいた・・・・とそんな中一人だけ動じていない人がいた・・・

ビ:主役の座を狙う輩でしょうか(@@)主役はビンですよ( ̄^ ̄)諦めなさい(@@)

ゴ:シーフか・・・・私のことを知らないとは・・・まあいい・・・・それより召喚士よ・・・お前に聞きたいことがあるのでな・・・・・ついてくれば他のものの命は助けてやる・・・・

ら:のたりさん・・・・

春(はじめ):・・・わかってます(**)たとえ私がついていってもいずれ皆・・・・・・・・けいぽんさん、エバラ博士の手当てお願いします。

け:なんで僕が(−−)まあいいけど(@@)

春(はじめ):それと私以外の他の人をゆめさんの「妄想EXPRESS」で逃がしてください・・・・

ゆ:・・・・でも・・・・

ト:まってください!!僕は一緒に戦います!!

孫:私も(−−)ボスキャラを倒せばモテるかもですし(−−)

春(はじめ):ありがとうございます(TT)

ゴ:・・・・そうはさせない・・・

・・・そういってゴルベーザはゆめに向かって怪しげな術をかけはじめた・・・ゆめが悲鳴をあげたと思うと・・・けいぽんとエバラを乗せてどこかへ走り去ってしまった・・・・

孫:けいさん!!

ト:な、なんで・・・・

ゴ:・・・我が術がマシ−ナリ−ごときに破れるものか。さて、そこのモーグリ以外は「復活」に必要だから殺しはしない・・・生かしもしないがな・・・・

・・・ゴルベーザはそうつぶやくと剣をトシの方へと向けて切りかかっていった・・・トシは刃を受けないようによけるのがやっとだった・・・・

ト:な・・・なんて強さだ・・・・・・

孫:トシさん!!しっかり!!

ら:このままじゃ、みんな・・・・・

ゴ:なかなかやるな・・・侍よ・・・・お前の君主はよけきれもしかなったな・・・

ト:まさか・・・王を・・・・!!

ゴ:・・・まずはお前からだ!!

ら:いやぁぁぁぁ(TT)

ビ:・・・・けむりだま!!

ゴ:なにぃ!

・・・ビンのけむりだまで一同は逃げることに成功した・・・ように思えたが・・・・

ゴ:忍びを甘くみてたか・・・・

ビ:あわわわ((**))

春(はじめ):ゴルベーザ・・・私に聞きたいこととは?誰か一人でも殺せば私はこのクリスタルを封印して「復活」できないようにします・・・

ゴ:・・・よかろう、では最後のクリスタルはどこにある?そして、何故「記憶」を奪うように仕向けた?

春(はじめ):・・・・この世界にはもうない・・・・クリスタルは8つ・・・・「記憶」は・・・

・・・・のたりが観念したようにしゃべりだした頃、「WING城」に帝国が攻め入ってた・・・・OKKARはその指揮官の姿を見た瞬間に愕然とし、指揮官に隙をつかれてダメージをくらった・・・・一同が呆然としていると指揮官に向かってOKKARが話し掛けた・・・・

O:どうして・・・・・

も:きゃぁぁぁ(><)血が血が・・・・(TT)

カ:我は「ブラック・ドラゴン」ゴルベーザ様に忠誠を誓うもの・・・・OKKARよ・・・命をいただきに来た・・・・

凛:どうして、カインさんが・・・・

・・・そう、「ブラック・ドラゴン」と名乗った人物はカインそのものだった・・・・

唯:おそらく、ゴルベーザ皇子あたりの魔術で記憶を奪われたのね・・・・あの人ならやりかねないわ・・・・

フリ:ひどい・・・兄弟で戦わせるなんて・・・・

・・・そんな中、ユウ・カが泣きじゃくっていた・・・・

夕:ひどい・・・ひどすぎです(TT)お願いです(TT)これ以上OKKAR様を・・・・カイン様を・・・・・助けて・・・・

・・・・彼女の叫びは操られたカインに届くのか、そしてOKKARの運命は・・・次回「誰が記憶を奪ったの?」

posted by のたり at 22:07| Comment(0) | シャイナルファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。