2006年05月19日

第四十四話:戻ってきたときにみたもの

・・・彼女が考え込んでいる頃・・・・・


・・・・帝国に囚われの身となっているカインはゴルベーザに殴られて気絶していたがようやく目を覚ますと・・・・

ゴ:・・気がついたか・・・・力の加減を間違えたせいか予想よりダメージを負っているようだが・・・・

カ:・・・うう・・・・

・・・・ぼんやりした意識の中カインはゴルベーザとの力の違いに絶望感を覚えていた・・・

ゴ:・・・竜騎士よ・・・お前に頼みがある・・・・

カ:・だ・・・・れ・・・が・・・・あ・・・な・・・た・・・・の。ぐはぁ(吐血)

ゴ:・・・死なれては困るな・・・・まだまだお前には利用価値が・・・・・・・おや、まだ気を失っていなかったか・・・・

カ:り、利用、されるくらいなら・・・ここで朽ち果てた方が・・・・・

ゴ:・・・ならば朽ち果ててみるか・・・・

・・・そういってゴルベーザはカインに向けて怪しげな黒魔術をかけはじめた・・・・・一方、炭鉱についたらいすたちは・・・・

ゆ:つきましたよ〜☆それにしてもすごい瓦礫ですね;^^

ト:本当に氷づけの幻獣があるのでしょうか・・・・

け:寒いなあ((**))このあたりにはいい細菌も薬もなさそうだなあ(+▼ー▼)y--〜砂漠よりはマシだと思ったんだけど(@@)

春(姉):そういう問題ですか(−_−メ)ねえ、こめさん?

ら:(・・・・なんでだろう・・・・なんで・・・・)

孫:さっきからずっとこの調子なんですよ(−−)w何かを考えてるようで。

ビ:モーグリごっこにあきたから次は怪獣ごっこでもするんですかね(@@)

ト:それはないかと思いますけど;−−

ゆ:あそこに誰かいます!!

孫:え?あんなところに誰が煤i ̄口 ̄;こっちに来る!!

ビ:お、お前は・・・・「ヤキニクノタレ」じゃないか煤i ̄口 ̄;

エ:誰が焼肉のたれだよ(@@)まったく、こんなんがクリスタルの力の持ち主とは世も末だ(−−)

孫:同感です(@@)あなたは?

春(姉):エバラ博士ですな(−_−メ)

エ:そうそう(−−)あんたらはこの炭鉱にある幻獣目当てだろう?

ト:何故それを・・・・

エ:こんな場所にくるのはそれしかないからな・・・・OKKAR王に敗れて敵に命を助けられて今は帝国から逃げる身・・・・あの方から逃れるための悪あがきをしているところさ・・・・・

ト:となると今は僕たちと戦う気はないということですか?

エ:ああ・・・あんたらが強くてもあの方は最強だ・・・・ただ、このままだと命がない・・悪あがきにあんたらにいいたいことがあってまってた(−−)w

春(はじめ):ということは何をいいたいのですかな(@@?)

エ:・・・・帝国の連中はここにはこない・・・・それに幻獣はあんたらにも手に入らない・・・・

孫:私の必殺技で敵をなぎ倒して主役になる予定が(TT)

ビ:僕の華麗な忍びの力で幻獣の力を横取りするつもりが(TT)

け:僕の実験に使うはずの幻獣が(TT)

ト:まあまあ;^^それはどうしてですか?

エ:幻獣が・・・・消えた・・・・・

一同:え煤i ̄口 ̄;

・・・とそこでようやく考え事を中断できたらいすが口を開いた・・・・

ら:それは幻獣が目覚めたってこと?

ビ:怪獣ごっこできなくて残念ですね(@@)

ら:だから誰が怪獣ですか(ーー;)エバラ博士でしたっけ?詳しく事情を説明してください。

エ:・・・実はモーグリさんがクリスタルの力を手に入れた後、帝国はここに見張りを立てていた・・・・僕はここに幻獣がいるのを知ってたけど、ここは隠れるにはもってこいだから隠れることにしたんだ(@@)

ト:なるほど・・・・

エ:・・・僕が隠れようとしたとき、炭鉱の奥深くから強い光がした途端・・・・帝国のものはすべて幻獣に消された((**))

春(姉):やはり((**))それで「あれ」は?

エ:・・・・幻獣が・・・・僕に語りかけた・・・・・

ビ:「おいしいお肉もってこい」とか(@@?)

孫:今はシリアスですぞ(−_−メ)

エ:・・・・(無視するか・・・)「我を目覚めさせることができるのはたった一人・・・・我が友『マディン』だけ・・・・我を目覚めさせたければ『マディン』を連れて来い・・・それまでは我は・・・眠りにつく・・・・」といって奥深くへと消えていった・・・・

・・・・エバラの口から突如でた『マディン』という言葉・・・はたしてマディンの正体とは・・・人間なのかそれとも・・・・次回「メンテナンスはばっちり」
posted by のたり at 23:59| Comment(0) | シャイナルファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。