2006年04月30日

後編:僕は蛙よりも・・・・・なまずらしい

・・・・事態は動き出した・・・・・

・・・僕は帝国の攻撃からひめや孫くん、そして城の皆を守るために走り回っていた・・・・

け:フリくんは戦うの(@@?)

フ:もちろん(−−)ナイトとしての当然の仕事だよ・・・・

け:そうかあ(@@)・・・そうそう、こんなときで悪いけど、この近くの沼でいい細菌が見つかったから取りにいってくる・・・・

フ:勝手にしろ(−−)その方が安全だしな(−−)

・・・・その直後に「WING城」の先代の王様の訃報が伝わり、ひめと一緒に「WING城」に向かいその帰りに「ピーチ城」の崩壊をこの目で目の当たりにした・・・・
『バーサク』状態を帝国によって作られたひめと相打ちになって孫くんだけでも救おうとしたとき・・・・やつが・・・けいぽんが戻ってきた・・・やつのおかげでピンチを脱した・・・・・

フ:助かった・・・・ありがとうm(_ _)mお前がこなかったらひめを殺すところだった・・・・

け:殊勝なフリくんは似合わないね・・・・ところで何があったんだい?

も:実は・・・・

孫:そこで・・・・

け:なるほど(@@)城がなくなったのかあ・・・・となると僕の細菌研究場所がなくなったのかあ・・・・

フ:もともとは僕の部屋だぞ。

け:細かいことを気にするのならもっと掃除をしてくれよ。まったく。僕は新しい研究場所を探しに旅に出るさ。

フ:・・・(目に涙をためながら)勝手にしろ(TT)

け:素直じゃないなあ(TT)

フ:お前こそ(TT)

け:(涙をぬぐって)・・・フリくんとはじめてあった日カエルに変えたの覚えてるかい?

フ:ああ・・・・けろけろ言わされたなあ(−_−メ)

け:あれは僕が悪かったよm(_ _)m

フ:な、なんだよ・・・・いきなり・・・・

け:だって、フリくんはカエルよりなまずじゃない?地震予知能力のない(+▼ー▼)y--〜じゃあ、またどこかで生きてたら会おう〜ひめ〜しわをこれ以上増やさないように。孫くんはもてない自分と頑張って戦ってくれ〜

フ・も・孫:まてぇぇぇぇ煤i ̄口 ̄;

け:まてといわれて待つバカはいないよ(−−)じゃあね〜

・・・こうしてやつはさっていった・・・・・なまずとか人のことをいいやがってとぶつぶついっていたら・・・ひめと孫くんは「ぴったり(・・)」と喜んでるし・・・なんだよ・・・ほんとに・・・・城が崩壊した後、僕の母上である「フレーク」が城の崩壊を聞いて駆けつけてくれて、僕らは四人で暮らしてた・・・・

フレ:フリちゃん(・・)今日もトレーニング?頑張ってね(^^)

フリ:はい(・・)帝国を倒すために!!そして母上をお守りするために!!

フレ;ありがとう(・・)ひめを守るためにも頑張ってね(^^)

フリ:ありがとうございますm(_ _)mしかし、帝国の力に立ち向かうにはどうしたらよいものやら・・・・

フレ:そういえば・・・・「シャイレスト山」に「シャイなお笑い」のクリスタルがあるって聞いたことあるけど・・・フリちゃん行ってみる?

フリ:はい^^早速ひめと孫くんに報告してきます(/・・)

・・・こうして、僕らは旅立ったんだ・・・・そんなことを思い出しながら思い出にふけっていると・・・・・・

け:やあ(@@)なまずフリくん(爆破)地震予知の力は身に付いたかい(−−?)

フリ:ほっとけぇぇぇぇぇ煤i ̄口 ̄;

・・・一瞬まじで思い出にふけっていた自分が恥ずかしくなったよ・・・・・でも、こいつは何者なのだろう・・・・僕を看病してくれたり助けてくれたり、毒をはいたり・・・・まあ、やつがなにものであろうとあの半年は奇妙な同居生活だったことには違いない・・・・・

・・・・「外伝:毒男と僕の奇妙な同居生活」 THE END・・・・・
posted by のたり at 16:31| Comment(0) | 外伝:毒男と僕の奇妙な同居生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。