2006年01月06日

第三十三話:帝国の歴史

・・・・彼は自分の半身をもぎとられたような感覚に陥った・・・・・・


・・・・カインが帝国軍に連れさらわれた・・・・そのことに一同は驚きと喪失感を隠せないでいた・・・・さすがのokkarも一人でいたら泣き叫んでいたかもしれない・・・・・だが彼は一国の主として、どうするべきか帝国との交渉に入ることにした・・・・・そのためには捕虜にしたエバラを利用することにしたのだった・・・・

O:エバラ博士・・・・カインを連れ去ったのは誰なんですか?

エ:・・・(怪我で痛そうにしながら)・・・僕がいうわけがないだろう・・・

O:あなたを解放するかわりに彼を帰してもらいます・・・・最初は「ユウ・カ」が狙われていると思って捕虜にしたのです。計算は狂いましたが、どちらにしても大事な人であるには違わないのですから・・・・

夕:okkar様・・・・・・

エ:・・・・・汚いな・・・やはりその頭脳は惜しい・・・・・・・・・だが、僕を取り引きの材料にしても「あの方」は動じないさ・・・最初から狙いは彼だったし、何より僕を見殺しにするのど・・・・・・

・・・・・そこまでいってエバラは複雑な表情を見せた・・・・・その空気を感じながらもフリークが口を開いた・・・・

フ:帝国の幹部を見殺しにするやつって何者だよ!!うちのひめは確かに人遣い荒いし、ふけてるし、わがままだし、暴力ふるうし・・・・でも、僕が捕まったら助けに来てくれる人だ!!そんなやつに仕えて見殺しにされるくらいならせめて知ってる限りのことを・・・しゃべれ!!

も:フリちゃん・・・・・・(何かどさくさにまぎれていってるわね・・・後で覚えてなさい)

エ:・・・・わかったよ・・・・・じゃあ、帝国の歴史から語ろうか・・・・これから話すことは順序があるんでね・・・・・

O:わかりました・・・・すべてを話したらあなたは解放します・・・・

・・・・・そうしてエバラは帝国について知っていることをokkarたちに話した・・・・その内容にがくぜんとしている頃、ようやくこめ・・・もといらいすたちはビンたちと合流することに成功した・・・・・・その第一声は・・・・・

孫:こんなんあっていいのかぁぁぁぁ煤i ̄口 ̄;こめさんが動物になってるし、どっかの毒薬は一緒にいるし・・・・・(−−)

け:孫君、久しぶりなのにつれないなあ〜そんなんだからもてないで筋肉ばっかり鍛えてサンドバッグを僕に盗まれるんだよね(@@)相変わらずもててないようだし(爆破)

孫:ぐぬぬぬ(**)こんなにいわれ放題でいいのかぁぁぁ煤iT口T;

かいそく:まあ、ありじゃない?

ト:・・・・・;^^

・・・・という孫市の叫びだった・・けいぽんはももたちがいうようにかつてピーチ城に住んでいたため孫市とも顔見知りだった・・・のたりはゴーレムとばたやんと召喚士として召喚する契約を交わし、お互いの状況を報告しあった・・・・ゴーレムは元気になって、いったんここでマッコリ達は力を蓄えるために元の世界に還っていった・・・・・

ビ:還っちゃいましたか(TT)

の:またよべば来てくれますから(−_−メ)

ビ:せっかくの僕のコンビの相方が(TT)(爆破)

の:なんじゃそりゃ(― ̄―メ)・・・・・大変です煤i ̄口 ̄;竜騎士さんが帝国のものに連れさらわれたようです!!クリスタルの反応が弱くなってます((**))

一同:えーーーーっ煤i ̄口 ̄;

け:・・・って誰なんですか(−−)どうやら僕と同じクリスタルの力の人ですか?

ら:(私のなのに・・・・・)くるっぴぃ(TT)

かぼちゃ:うききうきー(@@)(元気だしてください)

凛:よく会話がそれで成立してますね;^^・・・・それにしてもカインさんを連れ去ったのは一体どうしてなんでしょう?私が連れ去るなら「ユウ・カ」様を連れ去って彼らに打撃を与えますがね・・・・

ト:・・・・そうですね・・・・・それにしてもやつら帝国は何をしたいのでしょう?

唯:それは・・・・おそらく・・・・・「復活」・・・・・

の:やはり(― ̄―メ)となると竜騎士さんは今のところ命は大丈夫ですが・・・・

孫:どういうことなんですか?

ら:(みなさん、聞きたいことは山のようにありますけど・・・今はカインさんのことが気になりますし、「WING城」の王様たちの安否も気ががりです!!「新快速」の中で「復活」とやらはゆっくりききましょう!!」くるぷぷぷぷっぴぴぴぴぴ〜

かぼちゃ:くぇっ(・・・だってさのたりん)(^▽^)

の:そうですな(−_−メ)では、行きましょうか・・・・・しまったぁぁぁぁ煤i ̄口 ̄;

ト:どうしたんですか?

の:この街で凛さんとチョコバナナを食べるつもりだったのに町中が凍り付いていてたべれなぁぁぁぁぃ煤iT口T;

かぼちゃ:うっききき(@@)(相変わらずだなあ)

ら:(そんなにチョコバナナが・・・・)くるっぷぅ〜;^^

凛:私も残念ですね;^^しかもこの街はいい服が売ってるからバーゲンでもいきたかったんですけどね(><)

孫:物欲に食欲ですか(@@)人間は煩悩まみれですな(−_−メ)

の:若者よ悟るでない(−_−メ)では、今度こそ行きますか・・・・・かいそくさんお願いしますm(_ _)m

かいそく:あいよ〜寒いから速度落ちるけど大丈夫(・¬・)

・・・・・「新快速」にかいそく、のたり、らいす、かぼちゃ、ビン、唯月、凛が乗り込んで孫市が乗り込もうとした瞬間・・・・・・すごい勢いで電車がやってきて孫市とトシとけいぽんを無理矢理のせてあさっての方向へ連れ去った!!・・・・・

唯:何あれ・・・・・

かいそく:ゆめの暴走特急かあ(・¬・)

ビ:それは?

かいそく:妄想の力で動く暴走特急で普段はおとなしいんだけど、どうやら帝国に持ち主が操られてるらしくって最近あんな風に人を無理矢理つれさるんだ

凛:・・・・・彼らは無事でしょうか・・・・

ビ:それにしてもあっちでもこっちでも事件ばかりで僕はどうしたらいいのでしょう・・・・主役になるにはまだ道は険しそうだなあ・・・・

唯;あきれた・・・・・のたりさん、クリスタルの反応わかりますよね?ひとまず「WING城」へ行ってokkar王と合流してから暴走特急を追いかけましょう!!トシさんがそうやすやすとやられませんから・・・・

の:はい!!みなさんもそれでいいですか(−−?

一同:おう(/・・

・・・・・こうして、らいすたちは「WING城」へと向かったのだった・・・・・突如出没した暴走列車とは??彼らは無事なのか?・・・・次回「妄想EXPRESSへようこそ〜」



posted by のたり at 21:38| Comment(0) | シャイナルファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。