2006年01月04日

NG集:第三十話

第三十話のNG集です・・・・


その1:

フ:「けいぽん」っていう悪徳薬師です(−−)「ピーチ城」がまだ帝国に滅ぼされてない頃、僕の家に居候・・・・もとい、寄生虫していたやつです(−−)

も:人のことさんざんいうやつなの(−−)

フ:(あれ?なんだったけ??)ひめもやつと同・・・・・(ぼかっという音がしたのち、血を流して倒れる)

な:台詞忘れたなら謝った方がいいのに(@@)

も:まったくだわ(−−)

フ:・・・・何か悪い星のもとに生まれたのかなあ(TT)

な:なげいたところで幻実には勝てませんよ。

フ:ダジャレは寒いが真実です・・・・・(TT)


その2:

かぼちゃ:(弱ってるけどせいいっぱいの力で逃げ出しながら)くぇくぇ〜(トマト嫌だ〜)ε=( T▽T)¬

こ:のたりさん、予想通りでしたね;^^

の:ですな(−_−メ)まあ、我慢してもらうしかないですが(−_−メ)

け:まったく、これだから動物の治療は困るんですよね・・・・・仕方・・・・・・・な・・・・
あーーーー台詞がでてこないないから休んでいいですか〜?

の:監督より権力ある煤i ̄口 ̄;

こ:・・・・さすが;^^

け:いやあ〜それほどでも(+▼ー▼)y--〜

凛:ほめてはないんでしょうけどね・・・・・;^^
posted by のたり at 21:34| Comment(0) | NG集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。